性と人権ネットワーク ESTO(エスト)とは

主旨

 ESTOは、すべての人がその性の在り様に関わらず存在(Est)を尊重(Esteem)されることを願い、人と情報の交流によるネットワークを豊かなものにするために、1998年10月25日に発足した非営利の団体です。自覚する性別と身体や書類上の性別に違和感がある人、生まれつき身体の性別が曖昧な人、同性を好きになる人などへの支援活動を通して、自分の「性」を考え、セクシュアリティの尊重とジェンダーの平等をめざす活動をしています。 “多様な性”への理解を進めるために、交流会・講演会の開催やニュースレター・メールマガジンの発行、行政への要望書の提出などを行っています。

更新情報(最新30件)

虹を渡るカタツムリ

 ESTOのロゴは虹を渡るカタツムリ。虹は多様性を、雌雄同体のカタツムリは、性の自己決定を。自己選択権と自分らしさを求める気持ちを表しています。

 

Copyright 2011-, Sexualities and Human Rights Network ESTO, All Rights Reserved. ▲ページ先頭へ戻る